カテゴリー: 親子関係

何もかも勘違いしている優等生

 世界が逆転する時、自分の中で何が起きるのか?  最高に良い子であったつもりの優等生が、自分の方こそ間違っていると気づいた時のお話です。  同じことをしている人が必ずいるはずなので、これを聞いて気づいて欲しいと願っています。  今回はフル字幕付きです。  動画 30分   ... Read More

You need to be logged in to view this content. お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

あなたの存在を無視する人の判別方法

 あなたを存在ごと無視している人の簡単な判別方法がある。  あなたが嫌だなと思うことを相手がした。  個人的な話ではなく、そんな真似をしたら仲良くできないよ、という内容だ。  そこで  「なんでこんなことするの?」  と聞く。  すると相手は  「なんでこんなことしちゃうんだろう、私は。」  と私を話の中心に持っていく。  ナルシストである。  まず、状況を考えていない。相手の様子から感情を読み取れない。  しまった!と思えない。  普通ならば、「ごめん!」と詫びるだろう。  しかし、「対象者」を存在させ... Read More

You need to be logged in to view this content. お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

「好き」という気持ちを知らない人は、人を品物扱いする

 書き出してなんだが、これは動画で説明した方がいいなと既に思っている。  一応、文章だけでも気づくことを願って書く。    「好き」という気持ちは、知っている人と知らない人がいる。  「神経症者は楽しいという言葉は知っていても、楽しいという感情は知らない」  これは、精神分析学の表現である。  本当に、「好き」という感情も知らない人がいる。  子供の頃から「好き」という気持ちが変わっていないのだ。  違う「好き」を体験することにより、「今までの好きは好きじゃなかった」と気づくのだ。  成長とは、... Read More

You need to be logged in to view this content. お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

生涯特別な関係になれない相手、取り返しのつかない行い

 絶対に、これから仲良くなれない相手がいる。  自分が相手を好きであっても関係ない。  仲良くしたいなという気持ちがあったとしても、「過去にこれがあったならばもう無理」という出来事がある。  それが  「意地悪」  である。  悪意や敵意を持って、相手を攻撃した事実。  素直に心を開けば仲良くなれる、と言っても、誰が相手でもなれるわけではない。  自分自身が相手に敵意を持ち、意地悪をした経験があるならば、少なくとも意地悪をしてしまった相手とは、今後「特別親しくなること」は無理だ。  とはいえ、それは... Read More

You need to be logged in to view this content. お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

現実を他人と共に生きるには

 現実を他人と共に生きている人は、自分も他人も存在する「今」を生きている。  ナルシシストは世界に自分しかいない。  この違いの原点は、やはり親子関係である。  人間は誰もが自己中心的な視点で始まる。  親離れ、とは、現実の自分、そして親、両方を存在させられることである。  依存型の関係は、自分は嬉しい、相手にとっては「同じように嬉しい関係ではない」のまま、「この関係は嬉しい」と思える側を優先させて続けるものである。  互いに嬉しい関係。それが良好な関係だ。  互いに発展性のある、成長し合える関係、それが... Read More

You need to be logged in to view this content. お願い . あなたは会員ですか ? 会員について