カテゴリー: 発達

自己不在の人、何にもなれない恋人

 自己不在の人は、自分が何もしない代わりに相手側を勝手に決めようとする。  「相手が自分を待っているのだ」とわからない。  残念ながら、現代社会には自己不在の人が溢れている。    「恋人になって欲しい!」というのは願望。これは自分が叶えるものではない。  しかし、それを叶えようとする。  恋愛レベルが中高生である。  自分が女子ならば、相手は彼氏になるのである。  彼氏になりたいかどうかは、相手が選ぶことだ。  自分は「彼女になりたいかどうか」を選ぶのだ。  それがわからない。  自己不在な人... Read More

You need to be logged in to view this content. お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

インターネット、携帯電話…国民の生き血を啜るシステム

 必要な境界線を無くした世の中は混乱する。  インターネットというものは大変危険だと最近はつくづく思う。  最近はことSNSから起きるトラブルが多い。事件に発展している。  しかし、考えてみれば当然なのだ。  ネットが無かった頃を思い出してみて欲しい。  大人と子供は同じ場で話などしなかった。  子供は子供と遊んだ。  障碍がある子は学校ではクラス分けされている。  しかしネットではそれがない。  同じコミュニケーションが取れなくても、同じ場で同じように発言する。  これだけでも、トラブルが増えるとわかる... Read More

You need to be logged in to view this content. お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

あなたの存在を無視する人の判別方法

 あなたを存在ごと無視している人の簡単な判別方法がある。  あなたが嫌だなと思うことを相手がした。  個人的な話ではなく、そんな真似をしたら仲良くできないよ、という内容だ。  そこで  「なんでこんなことするの?」  と聞く。  すると相手は  「なんでこんなことしちゃうんだろう、私は。」  と私を話の中心に持っていく。  ナルシストである。  まず、状況を考えていない。相手の様子から感情を読み取れない。  しまった!と思えない。  普通ならば、「ごめん!」と詫びるだろう。  しかし、「対象者」を存在させ... Read More

You need to be logged in to view this content. お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

「好き」という気持ちを知らない人は、人を品物扱いする

 書き出してなんだが、これは動画で説明した方がいいなと既に思っている。  一応、文章だけでも気づくことを願って書く。    「好き」という気持ちは、知っている人と知らない人がいる。  「神経症者は楽しいという言葉は知っていても、楽しいという感情は知らない」  これは、精神分析学の表現である。  本当に、「好き」という感情も知らない人がいる。  子供の頃から「好き」という気持ちが変わっていないのだ。  違う「好き」を体験することにより、「今までの好きは好きじゃなかった」と気づくのだ。  成長とは、... Read More

You need to be logged in to view this content. お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

生涯特別な関係になれない相手、取り返しのつかない行い

 絶対に、これから仲良くなれない相手がいる。  自分が相手を好きであっても関係ない。  仲良くしたいなという気持ちがあったとしても、「過去にこれがあったならばもう無理」という出来事がある。  それが  「意地悪」  である。  悪意や敵意を持って、相手を攻撃した事実。  素直に心を開けば仲良くなれる、と言っても、誰が相手でもなれるわけではない。  自分自身が相手に敵意を持ち、意地悪をした経験があるならば、少なくとも意地悪をしてしまった相手とは、今後「特別親しくなること」は無理だ。  とはいえ、それは... Read More

You need to be logged in to view this content. お願い . あなたは会員ですか ? 会員について