カテゴリー: 無料記事

自分としてなら誰もが幸せになれる

 実は、僕は人を恨んで生きている人、自分を好きではない全ての人にとっては邪魔者です  今の日本でこれほど必要とされない人がいるだろうか、というくらい全く必要とされていないのが  「人の心がわかる人」です  自覚しているので問題ないですが、とにかく今の世の中には幸せな人など不要なのです  不幸な人は自分を探していますから、同じく不幸な人を必要とします  「幸せな人を見ていると腹が立つ」  それが不幸な人を求め、理不尽を要求される未来を望んでいる人です  自分が人に望むものを、同じように望んでくれる人  それ... Read More

あなたのために存在している神はいる

 自分にとっての神は、自分自身である。  あなたにとっての神は、あなた自身である。  あなたは他人の神ではないが、あなたの神はあなた自身である。  神は他人の保証を必要としない。  神は常に正しい。  自分の神は自分の中にいるのだから、自分の中の神に聞けば良い。  誰かに聞かないと不安になるのは、自分の神の声を聞き、それを信じないからである。  自分にとって唯一の神を信じることなく、他人の神を信じて理想を叶える奴隷となった。  それが現代社会の人々だ、と僕は思う。  他人の語る理想郷に連れて行っても... Read More

私をわかってくれる人、はいない

 私の気持ちをわかってくれる人、を求める人は多いが、自分が何を求めているのかわかっていない  私の気持ちに同意してくれる人は沢山いるのだから、だったらもう解決しているはずである。  私をわかってくれる人、を求める人々は、結局「私の答えを私の代わりに言ってくれる人」を求めている。  状況を把握し、考え、気づき、そして結論を出す。  この一人でやらなくてはならない思考を、他人にやらせようとしているのだ。  状況と自分の感情を訴え、そして他人に考えさせて気づいてもらって、結論を出してもらいたい。  滅茶苦茶な... Read More

時代の寵児とニートは内面的には同じである

 時代の寵児とニートは内面的には同じである  という加藤諦三先生の著書からの引用を元に、僕もやっと理解できたので説明しました  精神世界から完全に離れて生きている人が社会的にはすごい成功を収めます  でもやはり不自然な部分はあります  その見分け方は話していいものかどうかまだ判断しかねるので、今回は話していません  今は世界を神経症者が動かしている状態ですから、やはりどこまで行ってもそんなものなのだなと納得しました  最近流行っているコーチングも、結局は新しい刷り込みを... Read More