まだ見ぬ友人へ, 無料

男の生き方

まだ見ぬ友人へ

 僕の父は、権威主義で暴力的な人だった。
 男として良くないことだと思っている。

 そんな時、同じようにならないためにも自分の生き方を考えるものだ。

 男なら、他人と競い、他人と争うな。
 男なら、仲間と共に切磋琢磨し、志を同じくしろ。

 男なら、守るために戦え。
 そのために覚悟を決めろ。

 争いとは、守るものがない足の引っ張り合いである。
 争いとは、戦わずしても生きて行ける相手といがみ合うことである。

 戦いとは、守るための抵抗である。

 大事なものを守るための抵抗である。

 そんな風に、僕は自分の生き方を決めている。
 君はどうだろうか?

 手本にならない父や母がいたならば、どう生きるべきかは自分で考えろ。

 君の親は君にしかわからないのだから。

 君がどうありたいのかも、君にしかわからないのだから。

 

最上 雄基