まだ見ぬ友人へ, 無料

いつまでも自分が救われない理由

 今、僕は成田にいる。
 時々、意識して遠くまで行くようにしている。

 遠距離を移動することで、考えが進むからだ。

 そして君よ、わかったぞ。

 なぜいつまでも自分が救われないのか。
 僕が今まで教えてきたことは、正しい。

 それはわかっている。

 何ができないのか、心の中で。
 それがわからなかった。

 他人がわからないのかと思っていた。
 だがそうではない。

 僕は自分の心の中に発生するものを、全く恐れない。
 だからそこはもう考えなくていいものだと思ってしまっていた。

 自分自身に「こうあって欲しい」という願望が、僕にはない。

 子供の頃も、自分がしていることを全部自覚していた。

 心の中に発生するものを、心の中で形にできない。

 それが原因なのだ。

 怖いのだろう。

 恐らく、自分が恐ろしいのだろう。

 それでは、毒親と呼ばれる親の元に生まれたら、自分の意思で生きられる日など死ぬまで来ないだろう。

 自分の心が恐ろしい。

 そんなことがあるのか。自分なのに。

 そしてそれはただの心の中なのに。

 そうだった。
 スーザン・フォワードの行うセラピー。

 あれはそういう意味だったのか。
 全くわからなかった。

 「欲求不満」という意味なのだと思っていた。
 恨みつらみの親への手紙を書くという方法。

 そうではないらしい。
 そういうことか。

 自覚できない敵意。
 子供は親に対して敵意を自覚できないという。

 なぜ?

 それがレジリエンス・パーソナリティなのか。
 みな親なんていない、というような境遇で生まれ育っている。

 僕たちは恐らく全員、親と敵対することを恐れていない。

 だからなのか。
 グズグズと恨み言を言い続ける人に僕がイライラしてきたのは。
 友達にも昔からイライラした。

 相手にむかつくことも批難することもなんとも思わない。

 気迫が足りない。
 恨む。許さない。という強い憎しみから来る気迫が足りない。

 生半可な気持ちで、人を悪人に仕立て上げる。
 それが許せなかったのだ。

 人間と人間が争いになることを、なんとも思わない。
 その争いを生み出す精神が嫌なのだ。

 半端。

 恨むでもない。憎むでもない。
 好意でもない。

 なんなのかわからない。はっきりしない。

 好きなのか嫌いなのか何もはっきりしない。

 だから僕は何かイライラしたのだ。

 これが「甘え」というものなのだろうか。
 好きでも嫌いでもない。
 好きと言いながら気に入らないと許さない。

 要は、誰も好きではない。
 でもハッキリ嫌う人もいない。

 ただ辛い辛いと嘆く。

 自分が辛い、痛い、苦しい。

 それ以外にない。
 そしてそれは誰でも同じだ。

 心の中では「良い子」が親にやられているのではないだろうか?

 そのままなのではないだろうか?

 だとしたら、納得がいく。

 心の中で自分はいつまでも良い子。
 良い子ってなんだ。

 良い子って。

 そんなものはいない。

 いい人も悪い人も心の中にはいない。

 激しい憎しみ、怒り、敵意、嫉妬。

 それでこそ人間だ。

 他人に親を求めるという行為。
 僕には無い。

 他人の女に母など求めない。

 他人に親など求めたいやつは、「親子」という関係に最悪なイメージがついていない人間だ。

 僕は親子になりたくない。
 他人に母になってもらいたくない。

 優しい素敵な女なら、女であって欲しい。

 なんでも許してくれる、わかってくれる、そんな母親代わりは要らない。

 母親が要らないからだ。
 二度三度親子関係などあってたまるか。

 人はひとつしか親子を体験できない。
 そしてそれが自分にとって唯一の親子だ。

 僕は親子がそんなにいいものだと思っていない。最初から思っていない。

 それなりのいい思い出でもなければ、親子なんて関係は、二度と作りたいと思わないだろう。

 まして親代わりになってもらって許された時、向こうからは自分が子供に見えている。

 せっかく見つけた素敵な女がいたら、僕は相手から子供に見える男でありたくない。
 だが、大多数の人は他人の目に子供にうつりたがる。

 つまり、大事な人としては決して選ばれることのない、他人なら「要らない」存在になりたがるのだ。

 親子でどんないい思いをしたら、他人にまで親を求めるのか。

 僕にとっての親はそんなにいい存在ではない。
 ひとつしか体験できない親子の関係で、親子は最初だけで充分である、と僕は思った。

 もう一度…と求めたくないくらい、もううんざりだ。
 それが僕にとっての親子なのだ。

 いつまでも思い出して時間を過ごしたくないほどに、あんなものは一度で十分だ。

 君はどうだ?

 もう一度、自分が頑張って他人とでもその関係を作りたいか?

 うまくいくならば、やり直したいほどならば、君は既に相当恵まれているぞ。