日記, 無料

北陸の皆さん、11月6日でしたね

 北陸の皆さん、日本海側の皆さん、11月6日でしたね。

 解禁日でしたね。

 そう、カニが解禁になりましたね!

 先生は毎年、解禁日水揚げのカニを取り寄せています。

 そして既に食べました。

 越前か?加能か?

 いいえ、香箱です。

 (・Θ・)こーばこ!

 そうなー?ひよこはおりこうなー?

 (・Θ・)せいこ!

 よびすてなー?

 香箱、セイコと聞けば、わかる人はわかるカニです。

 しかしですね。東京ではまず知っている人が殆どいません。
 しょぼいカニとしか思わないでしょうね。

 小さいですからね。

 香箱カニは、ズワイの雌です。
 解禁から二か月しか捕れません。
 なので今しかないカニです。年内のカニです。

 石川では香箱ですが、他県ではセイコ、セコ、などと呼びます。

 同じカニなのに香箱と書いてコウバコと呼ばせるところに、金沢の「風情出したい感」を感じます。

 僕は白いふわふわや赤いもこもこが好きなので、毎年この時期を狙っています。

 同時に、できれば白バイ貝が食べたいです。
 更にできることならば、日本海側に暮らしたいです。

 子供の頃、東京の魚が腐っていると思った僕ですから、今でも生の類はイマイチに感じます。
 日本海側で食べる刺身など、その辺の居酒屋程度の品でも東京ならそれなりの店に行かねば出てこないでしょう。

 以前、沖縄の方に食べさせてあげたいと思い、東京から取り寄せてそのまま飛行機で持っていくという「セルフ空輸」をしました。

 美味しかったようで良かったです。

 逆に金沢では、沖縄から寒ブリを丸ごと買いに来た「弾丸お使い」の方がおられました。向こうでは珍しいですからね。

 僕も幼い頃はバカのひとつ覚えみたいに、「何食べたい?」と聞かれたら「はまち」「あまえび」と言っていたものです。

 幼児期の僕が食べたいものは、ハマチと甘えびとうどんくらいでしたね。

 北陸の皆さんは、既にカニを食べたでしょうか。
 離れているとそこに暮らしているより目ざとくなりますね。

 一度くらいは金城楼のおせちを頼んでみたいものですが、今年も最高の一品は安定の高額で、十六万円超のお値段となっております。
 以前は二十万円超の時期もあったので、なんと四万円近くディスカウントされています。

 友人に以前それを話したら
 「何十人前?」
 と聞き返されました。別に五十人前のおせちというわけではありません。

 よく考えたら、家族五人で店に行けばそれくらいはかかるのですから、そんなに超高額とも言えません。
 お値段に見合った料理を提供する創業120年を過ぎた老舗ですから、おせちもさぞ素晴らしいものなのでしょう。

 先生は既に、クリスマスと正月の準備を初めております。
 クリスマス準備は遅すぎるくらいですね。余裕がある時は九月から考えています。

 ちなみに、盆正月と言うと「お盆と正月」だと一般的には思われそうですが、「盆正月」という浮かれ気分の催しが江戸時代から金沢にはあり、もし金沢の人が

 「盆正月みたいやじ」

 と言っても、決してお盆か正月のようだ、という意味ではありません。
 「お盆と正月がいっぺんに来たようなお祭り」が盆正月です。特に「いつ」という時期さえ決まっておらず、殿が「今や」と言ったらその時です。

 簡単に言えば、領民たちを息抜きさせるための地元イベントです。
 今で言うならば、社員の皆が疲れてきたので上司が部署のみんなを連れて会社のお金で飲み会にいくようなものです。

 その、とてもとても大きい版のようなものです。

 そんな余談はともかく、これから「高齢者社会と中年期の悩み」というぷち動画講座を有料会員向けで配信します。
 興味がある方はストアにお試しチケットもありますので、是非有料会員にご登録ください。
 難しそうな話は、基本有料会員向けで長時間かけて配信しています。

 今回は現代の中年、ちょうど僕あたりの四十代から五十代あたりの「第二次ベビーブーム」にかかる人々の悩みについて、人口の分布と共に解説しています。

 なぜ今の中年がこんなに悩んで生きているのか、なぜどうしたらわからなくなっているのか、その根本的原因として挙げられる社会との関係について考察しました。

 今後もこの問題については説明していきますが、少なくとも現在中年期の人々は、色々と勘違いして理由もわからないのに「ありもしない何か」を目指しているのだということは、今回の動画でわかってもらえると思います。

 我々が団塊世代に受けた教育は一体なんだったのか?
 何を手に入れるためだったのか?

 今後も詳しく解説していきたいと思っています。

 子供の教育にも必要となってくる内容なので、お子さんにどう生きるべきか、これからの社会がどうなっていくのか、これからの時代の生き方についてどう教えたらいいのかわからない、という方も考えていくため参考にしていただきたいと思います。

 まずは、自分がなぜあのような教育を受けていたのか、について知っていきましょう。