カテゴリー: 日記

もう誰も怒らないのに

 もうその子に初めて会ったのは、ずいぶん前になる。  何年も見ていて、親子両方を見ていてわかった。  なぜこんな扱いを我が子にするのかと思っていた。 悪いことを考える奴ではないと思うのだが、子供に対する虐待は酷い。  それが虐待であるとすら知らない。  今、ここには最低限しか書かない。長くなるから。  だがとにかくわかったこ... Read More

オタク文化の発展した日本人はオタク文化に救われる

僕が長い間見続けている親子は、親子ともオタクである。 僕自身の特撮好き、漫画好きとは違い、「キャラにはまりまくる」というオタクである。 その親子を観察しながら接し続け、非常に多くの発見がある。 オタクである人はここに救いがあるだろう。 また、アイドルなども含め、誰か遠い存在であるキャラに入れ込む人は、ここに突破口がある。 人格は必ず自分の人格を投影し、またそこから関連性あるものを選び、嫌う。 軸を知るに役に立つ。本来の自分の姿を知るために役に立つだろう。 僕自身はこれ... Read More

これから幸せになる人は、現実を生きる人

 親子問題に固執することは、よろしくないと思っている。 大事なことは、成長しながら生きていくことである。  今日、ある生徒は現実に気付いた。  一瞬にして視界が開けたような体験をした。  「自分が気づくだけで終るのだ」  ということが、わかったようだ。... Read More