カテゴリー: まだ見ぬ友人へ

まだ見ぬ友人へ 僕は日本の明日を憂う

 今の日本を見ていると、明日の日本を憂う。  そして憤りを感じる。  僕など本当にろくなものを与えられず、大した力もない。  自力で身に着けてきたものばかりだ。  もっともっと与えられた人々が、できる力を持っている人ができることをやらないのだ。  本当はできるのに、やらないのだ。  そこに憤りを感じる。  まだ見ぬ祖国の友人へ。  どうか共に日本の未来を考えてくれることを願う。  この国は父がみな死んでいき、母ばかりになってしまった。  僅か残った父たちは、みな追い出されていく。  次は僕たちがやらねばな... Read More

日本人の特性が仇になっている

 日本の国防、精神担当 最上です。  という役目になろうと思う。前からだが、要は戦争が終わっていないということなのだから、この心理戦国時代において日本の国防の精神を担当することにした。  物質的に敗北、次は精神を崩壊させて... Read More

自分を偽って生きるまだ見ぬ友人へ

自分を偽っている まだ見ぬ友人へ  君は、まだ自分を偽っている友人だね?  人にいい顔をしてしまう。  キャラクターを装って、優しい人になろうとか、親切な人だと思われようとか、強い人だと思われようとか、そんな遊びをしているんだろう?  気にしなくていい。僕もかつてはそうだったんだ。  でも僕はもうやめたんだ。 ... Read More

俺はやれる、と思うために、やる

 人は何もせずにいると意欲が無くなっていきます  行動しないでいると、やれる気がしなくなります  自分の心の中にしか生きない人といると、精気を吸い取られて行きます  自分のやりたいことを実行することで、意思を強く持つのです  動画 34分 ... Read More

男の生き方

まだ見ぬ友人へ  僕の父は、権威主義で暴力的な人だった。 男として良くないことだと思っている。  そんな時、同じようにならないためにも自分の生き方を考えるものだ。  男なら、他人と競い、他人と争うな。 男なら、仲間と共に切磋琢磨し、志を同じくしろ。  男なら、守るために戦え。 そのために覚悟を決めろ。 ... Read More