カテゴリー: まだ見ぬ友人へ

自分を知っているか

まだ見ぬ友人へ  君は自分を知っているか?  他人が何をしたか以上に、遥かに多く、自分を知っている必要がある。  他人は形に現された部分しかわからない。  そこから先は想像するかどうかだ。  だが、自分のことは想像ではなく、現実を知っている。  自分は何を思い、何を決... Read More

あなたを褒めてくれる人は誰か

 あなたは誰に褒められるために生きているだろうか?  あなたは誰の教えを信じて生きているだろうか?  あなたが褒めてもらいたい相手はあなたが決めているから、僕は知らない。  僕は子供の頃に父と決めた神に褒めてもらえるように生きている。  常に天からの目を恐れ、天に戻るために生... Read More

バレンタインデーのチョコについて、教えたいことがある

まだ見ぬ女子の友人へ  君は知っているか。  チョコは駄目になってしまうことがあるということを。  今日、僕はあるデパートで人に贈るお菓子を探していた。 チョコレートのお店では、大きな箱に沢山の種類のチョコが入った商品を売っていた。  最近、クリスマスも近いのでプレゼント選びを楽しんでいるが、今... Read More

人間として当たり前のことが身についていない人

 自分より年上の家族ならば、必ず身に着けていて欲しいものが僕の親族には身についていません。  年を取れば誰でも身に着けられるものです。  落ち着き。思慮深さ。人徳が生み出す見えない輝きです。  経験があるからこそ生まれてくるもの。  苦労してきたからこそ身についている当たり前のものです。  成... Read More

自分がなんのために生まれてきたのか君は知っているか?

まだ見ぬ友人へ  君はなんのために生まれてきた  君は自分がなんのために生まれてきたのか、知っているか?  人は自分がなんのために生まれるのか、選んで生まれてくるわけではない。  だが、人は必ず何かのために生まれてきている。  そして君はなんのために生まれてきたのか、知って... Read More