カテゴリー: 成長

願望と目的

 ナルシストは、実現不可能なことをしている。  「願望を叶えるために実際に行動する」  現実は目的を叶えるためにあり、願望は空想を育てるためにある。  この違いがわかっていない。  願望が現実の要求になった女子に告白された時、彼女は  「私はあなたがいい」  とやってくる。 私は、あなたがい... Read More

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

幼児の楽園が忘れられない

 神経症者は幼児期の楽園を諦められないという。  諦められない、ということは、どこにいても、何をしても、最終的な目的が  「自分が注目され、ちやほやされ、自分を好きな誰かに優しくされ続ける」  という世界なのである。  何も怖いもののない世界で、死ぬまで守られて生きていきたい。 ... Read More

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

モテない男と忘れられない女

 わざとやってるんじゃないのか?  そんな疑問が起きるくらい、敢えて「嫌な役」をやっている男はいる。 敢えて、である。  そして、忘れられないほどの女もいる。  大したことではないのだ。 「相手の気持ちを考えるかどうか」である。  「考える」とは「ここに存在していい」と許すかどうかである。  ... Read More

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

自然な自分になるための鍛錬

 不幸とは、人格の問題である。  人格は生来のものではなく、親子のコミュニケーションによって幼児期に作られる。  自己肯定感ある安定した人格は、親が自然な我が子をそのままに育てることで作られる。  人は六歳までに人格の基盤を完成させ、七歳で自分の人生がどのようなものになるかを無意識に決... Read More

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について