Profile

最上 雄基

 人間性発達・教育研究家。思想家。カウンセラー。

 幼児期より両親不在の中で育ち、後に母に虐待され高校生で家を出る。
 所謂毒親の子、虐待サバイバーであるが、心理的困難から発想を逆転し自力で精神快復する近年発見されたパーソナリティ。

 同じく毒親の子たちが自分を受け入れて生きていけるよう、新しい方法を考案し続けている。

 IQ150。子供の頃からなんでも独学で学ぶ。精神分析学を早稲田大学名誉教授 加藤諦三より学び、共にラジオ番組に出演。
 自身の家族の問題はいつまでも続くため、普通に活動ができないため状況に応じて可能な活動をしている。

 家自体は元々旧家であり、荘園時代より続く領主、後城持ち戦国武将の家系。歴史を知る最後の生き残り。

 「民がいたから国が生まれた」
 という事実が今や逆転していることを大いに憂いている。
 150年前から作られた「偽物日本」についてもよく言及している。

 最上自身は、一族に残っていた武士と仏教の教育が自分自身の人格形成、IQの高さに影響していると考えている。

 個人カウンセリング、講座、執筆、オンラインでの配信等を中心に活動中。ニッポン放送 ラジオテレフォン人生相談にゲスト出演。Amazon Kindleに著書を販売中。YouTube、当サイトにて動画配信、講座や相談を行っている。

※因果…仏教における万物の繋がり。全ては因果で繋がり、互いに作用しあうという仕組みのこと。因果の理解は脳の発達を促す効果がある。

 「幸せとは自由の元に成り立ち、自由とは責任を伴うものである。」 最上 雄基